「ジャンボ落書き」

イメージ図 「ジャンボ落書き」

開催概要

5年ぶりに「ジャンボ落書き」を開催することになりました!
ご縁あり、暮らしをデザインする大イベント「IKEBUKURO LIVING LOOP」内にて行います!
食べて、読んで、聴いて、 踊って、佇んで、池袋「南池袋公園」と「池袋東口グリーン大通り」一帯が『市民のリビング』に変身!
マルシェやストリートライブ、ワークショップ、アウトドアリビングなど100以上の店舗が集う中での開催。大人も子供も楽しい時間が過ごせると思います。
卓上用紙から飛び出し、子供達に全身を思いっ切り使って落書きさせてあげませんか?!
事前予約受付中です!

日程 2018年5月19日(土)
時間 11:30~12:00、13:00~13:30、14:30~15:00
定員 各回15名ほど
対象年齢 特になし
※赤ちゃんでも手形や足形を取ったりできます。
参加費 1,000円/1人
場所 池袋グリーン大通り/南池袋公園(池袋駅から徒歩5分ほど)
※ブースの場所は追ってご案内致します。
注意事項 カラダ全体を使って落書きをするワークショップです。汚れてもよい格好をご用意ください。
持ち物 タオル、着替え(当日のお天気次第では暑くなる可能性もあります。屋外での開催となりますので、各自帽子や飲み物などご準備ください)
申込 下記のお申し込みボタンから、申込みフォームへ移動してください。
カリキュラム

みんなそれぞれの個性があり、美意識があり、ほかの子と違うなにかを持っています。その一人一人のココロを、制限なく、のびのびと、思い切り表現してほしいと思っています。筆も使わなくても良い!チューブのまま使っても良い!手で描いても、足で描いても、全部オッケー!思ったまま、感じたまま!

そして、親御さんにもこどもが表現したそのままを受け入れてください。大人達の目から見て「上手に描けている」かどうかは関係ない。あるがままを受け入れることで、こどもたちは将来、自分軸を持って物事を判断できる大人になれると思います。認められたいから、褒められたいからなにかをするのではなく、自分のココロを大事にする。「ジャンボ落書き~カラダを使って落書きしようっ!」でその大切な成長の一過程を過ごしていただけると幸いです!

講師プロフィール

プロフィール 石川昭子

山崎真実(やまざき まみ)
埼玉県出身。
女子美術大学芸術学部デザイン学科卒業。

HP:http://www.mamiyamazaki-design.com

広告制作プロダクションにて約7年勤務し、広告、カタログ、ロゴ開発など、紙媒体におけるグラフィックデザイン全般に関わる。
2013年1月よりフリーランスのデザイナーとして活動をスタート。
書道、イラストを取り入れたアナログ表現を得意とする。

ライン

プロフィール 仲平佐保

仲平佐保(なかだいら さほ)
愛媛県出身。
College of Southern Idaho(US)のコンピューター
グラフィックス科卒業。

デザイン制作会社、広告代理店で経験を積み、2009年から「サホデザイン」を立ち上げ活動中。
お相手から想いを引き出し/汲み取り/感じ取り、それを視覚化することを得意とします。
「あなたらしさを視覚化するデザイン事務所」をモットーとし、あなたと社会とを繫ぐ架け橋となる役目をはたします。